日帰りスキーの移動手段ごとのメリットとデメリット

日帰りスキーの移動手段にはバスや電車、自家用車がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

バスや電車を利用した場合の最も大きなメリットは、運転する必要が無いことにあります。
移動の時間は話したり音楽を聴いたりと、過ごし方は人それぞれですが、特に帰路ではお酒を飲んで寝てしまうこともでき、運転の疲れを翌日以降に残すこともありません。

デメリットは、仲間以外の多くの人が同乗するため、周りに迷惑をかけないようマナーを守ることが最優先されることです。


バスと電車を比較すると、バスは比較的安価で済み、日帰りスキーツアーではリフト券とのパックセットで更に割り引かれることもあるなど、財布に優しいのが特徴です。

東京新聞サイトを見つけることができました。

一方、電車を利用した場合は、渋滞に巻き込まれることが無いため、スケジュールが予定通り進むというメリットがあります。

また、集合場所は必ず最寄り駅となるため、集まりやすいのも特徴です。


費用面を優先する場合はバス、スケジュール面を優先するなら電車を選ぶなど使い分けるのがポイントとなります。


運転する必要がある自家用車ですが、自宅が出発地点になるという他には変えられないメリットがあり、多少の寝坊であればスケジュールに影響が出ることはありません。



当然ながら同乗者は家族や知人・友人に限られ、移動中に一切気を使う必要が無いことも自家用車の魅力です。


サービスエリア等での停車もフレキシブルに選択することができ、自分たちのペースでストレス無く日帰りスキーを楽しむことができます。

日帰りスキー選びをサポートするサイトです。